これで安心!自営業の税金対策

白色申告から青色申告へ

自営業の人が税金を申告する方法としては白色申告と青色申告の2種類があります。税金対策を考えるなら青色申告がオススメですよ。
まず、青色申告に変更するだけで所得から最大10万円が控除されます。更に複式簿記による記帳、貸借対照表と損益計算書の添付も行えば控除額は最大65万円になります。手間はかかりますが、65万円の控除は大きいですよね。また家族で店を営業している場合、家族に支払った給与を経費に計上出来るのも税金対策として効果的です。また、赤字を最大3年繰り越せるので、黒字となった年に赤字分を持ち越せば黒字額が減って税金対策になりますよ。このように様々なメリットがある青色申告ですが、事前の届け出が必要なので注意して下さい。

必要経費をもれなく計上

自営業が支払う税金で大きな割合を占める所得税です。そんな所得税は収入から必要経費を引いた所得に税率をかけて算出されます。つまり、必要経費が多ければ所得税も減るということですね。
必要経費というのは事業の為に使用する経費なので、仕事で自宅を使用していれば家賃や光熱費、通信費も経費になります。もちろん全額を経費に計上することは難しいですが、一定の割合なら計上できますよ。割合は自営業者が決められますが、税務署で妥当かどうか判断されるので欲張りすぎないようにしましょう。
経費として計上するためにはレシートか領収書、出金伝票のいずれか1つが必要です。これらが入手できない場合はメモでも計上できる場合があります。税金を押さえたいなら、日頃からレシートや領収書を忘れず貰うようにしましょう。