必見!自営業を始めるにあたり必要なこととは?

自営業者に絶対必要なこと

最近ではインターネットの発達が目まぐるしく、個人でも簡単に独立が行えるようになっています。ネットショップは無料でも作れる時代ですし、中にはブログを書いて生計を立てている人もいくほどです。そのため個人事業主、つまり自営業として独立をしようと考えている人が増加しています。
しかし自営業と言っても本質的には経営者と同じことです。サラリーマンのように会社が養ってくれるわけではありません。全て自分の責任で行う必要があります。その中でも絶対知っておかなければならないのが確定申告です。サラリーマンの場合は会社が年末調整という形で行ってくれますが、自営業として独立すると確定申告をしなければなりません。もし申請を怠ると脱税行為と見なされることもあります。

確定申告の勉強をしっかりとしよう

実は確定申告はそれほど難しい手続きではありません。必要な書類を揃えて提出するだけで終わります。最近ではネットでも確定申告が行えるのですが、ネットだと10分程度で終わってしまうほどです。
確定申告が難しいのは必要な書類の方です。事業によって必要書類は異なるので一概には言えないのですが、全ての事業者に共通しているのは帳簿です。帳簿では事業によるお金の流れを明らかにするのが目的となるのですが、この書き方が難しく、初心者の場合は必ず勉強をしないといけません。帳簿がしっかりと出来ていないと注意を受けたり、控除が受けられないという場合もあるので注意が必要です。
もし自信がない場合は自分で行うのではなく税理士にお願いするのも1つの方法です。また最近では記帳を簡単に行えるパソコン用ソフトも発売されているので利用すると便利ですし、心強いです。